医療・医療技術系臨床工学技士

こんな仕事です:
専門家たちが力を合わせて患者に対応するのが「チーム医療」。臨床工学技士は、そのチームに必須のメディカルスタッフです。
かつては医師と看護師が医療機器を操作していましたが、科学技術の発展で医療機器も急速に進化し、安全な操作と有効活用には専門職が必要との考えが自然発生的に起こり、それに応えて誕生しました。

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. 北大病院などで患者を診てきた医師と、救命救急にも携わった臨床工学技士、さらに生体工学に詳しい研究者が指導。
  2. 現場をよく知る教授陣が、選りすぐりの機器を導入。トップレベルを誇る実習施設・設備
  3. 国家試験に沿った科目の他に、「情報」関連の知識・技術を学ぶことが出来るため、付加価値で輝くスペシャリストになれる

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

全国トップレベルを誇る、万全の実習環境

実践力を身につけるには多くの経験を重ね、何度も練習を繰り返す必要があります。その舞台は本物に近いほど良いに越したことはありません。本専攻はそうした考えのもと全国トップレベルの実習施設、設備を整えています。

国家試験突破に向けた丁寧なサポート

カリキュラムは、臨床工学技士国家試験に向けて、着実に力が付くよう考慮して構成しています。物理・数学・生物といった基礎科目から学習を始め、解剖学や生理学といった臨床医学に関する医学系科目、医療機器に関連する電気・電子の工学系科目へと進みます。

最前線を学ぶ医療機器メーカーの担当者を招いて「コラボ実習」を実施

医療現場はどこまで進んでいるか、即戦力となるためには何を身につけなければならないか、これからの臨床工学技士には何が求められるか。メーカー担当者の話は最新機器の紹介にも及び、実践の場で活躍する臨床工学技士と同じ知識を得られます。

臨床工学技士を
目指せる学校は

北海道情報大学
医療情報学部・医療情報学科・臨床工学専攻

  • 医療のまなび
掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。