医療・医療技術系義肢装具士

こんな仕事です:
義肢装具の提供を通して患者さんの治療と社会復帰をサポートする医療系国家資格です。
ケガや病気によって身体に障がいのある方に、義肢(人工の手足)や装具(コルセット、サポーターなど)を製作し、治療と社会復帰をサポートする仕事です。

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. 学科設立以来培ってきた「国家試験合格のノウハウ」により、例年コンスタントに合格率100%を達成しています。
  2. 全国の義肢装具製作会社に参加を呼びかけ、企業説明会を開催。学科設立以来、就職希望者内定率100%を達成しています。
  3. 障害者スポーツへの社会的なニーズの高まりを受け、話題の「スポーツ用義足」の製作実習を実施しています。

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

パラアスリートを支えるスポーツ用義足の製作実習!

他の義肢装具士養成校に先駆けて、「スポーツ用義足」の製作実習を実施しています。義足使用者をモデルに、切断端の評価・採型・製作・適合を学生が行い、義足使用者の様々なニーズに対応できる知識と技術を習得できます。

近年高まる需要に応える筋電義手の製作実習!

実際の切断者をモデルに「筋電義手」を学生ひとり一人が製作する実習を行っています。近年、マスコミなどでも広く紹介されている分野でもあり、特にこの分野を学びたいという入学生も増えています。

医療人として「症例を診る力」を養うカリキュラム!

義肢装具士は、対象となる症例の病態を評価し、そのうえで医学的根拠に基づいた義肢装具を提供しなければいけません。本校では、ものづくりの知識・技術だけではなく、医療人として症例を診る力も養っています。

義肢装具士を
目指せる学校は

専門学校日本聴能言語福祉学院
義肢装具学科

  • 人間・教育・福祉のまなび
  • 工学・建築のまなび
  • 医療のまなび
掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。