医療・医療技術系言語聴覚士

こんな仕事です:
「話す」「聴く」「食べる」などのコミュニケーション機能の回復・改善を図るスペシャリスト!
話す、音を聞く、ことばを理解する、書く、読むといったコミュニケーション機能や、食べる・飲む・飲み込むといった摂食・嚥下機能に障害がある人に対して、機能の回復・改善を図るリハビリテーションの専門職です。

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. 学内実習施設「ことばの相談室」を通じて学ぶ!
  2. チーム医療の連携が盛りだくさん!
  3. 聴覚検査機器や補聴器等も体験!

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

学内実習施設「ことばの相談室」は開校以来、のべ1,400人が利用!

コミュニケーションに問題を抱えた子どもさんとご家族と直接関わります。訓練の際にはインフォームドコンセント(説明と同意)を行い、利用者の方々の笑顔とことばを引き出すという一連の臨床から、やりがいと支援する喜び、コミュニケーションの大切さを深く理解していきます。

在学中からチーム医療、多職種連携が学べます!

言語聴覚士はもちろん、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、歯科衛生士、臨床心理士等から直接授業を受け、リハビリについての幅広い知識を得ることができます。

聴覚検査機器や補聴器等を活用した実習が豊富!

言葉を話すことのみに限定するのではなく、その方に適した表出方法を考え、コミュニケーションを周囲の人と楽しめるような援助方法として、AAC(拡大・代替コミュニケーション)を学びます。ローテクからハイテクの機器を専門業者から紹介頂き、演習を行っています。

言語聴覚士を
目指せる学校は

掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。