介護・福祉系介護福祉士

こんな仕事です:
介護福祉士とは
「社会福祉士及び介護福祉士法」により規定された国家資格であり、 専門的な介護知識・技術を用いて、高齢者、障害者の方々の身の回りのお世話をしたり、家族の方々に適切な助言や指導を行う専門家です。

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. 高齢化社会での重要性。
  2. 介護に必要な技術を身に付けるには実習を体験すること。
  3. 実習の体験と通した喜び。

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

どうしたら介護福祉士になれるのか

介護福祉士になるためには、保育士(保母)登録資格を取得した方であれば、1年間の修学で卒業と同時に「介護福祉士国家試験受験資格」を取得することができます

介護に必要な技術を身に付けるには

入浴や食事の介助など先生の指導のもとで実際の現場で体験して学ぶ必要があります。座学で学んだことを現場で行い、利用者の方と関わっていく中で、自分の力を知りどんな支援が必要か考えることが出来るようになっていきます。

実習について

都内を中心に約15カ所の実習協力施設があり、授業で得た知識を実践し、着実に介護知識と介護技術を身に付けます。実習では、高齢者・障害者(児)に接し、介護の実際を体験して学ぶことで介護福祉士としての役割と自覚を確かなものにします。

介護福祉士を
目指せる学校は

2022.03
掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。
学校公式サイト