医療・医療技術系救急救命士

こんな仕事です:
救急現場や救急車内で大切な命を守るプレホスピタルケアのスペシャリスト。
救急医療の進歩は目覚ましいものがありますが、早い段階で有効な救命処置ができるかどうかによって、救命率は大きく変わります。傷病者に最も早く接することが多い救急救命士への期待と責任はますます増加しています

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. 1次救命処置などの救急救命の基本から学ぶ!
  2. 高度な医学知識を学び、実習では現役の救急救命士などプロの方から専門的な技術を学ぶ!
  3. 日本を代表する近隣の大学病院付属の高度救命救急センターで、約3カ月間にわたる臨床実習を実施!

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

救急医学を中心に医学全般を基礎から学びます

国家資格である「救急救命士」を目指すためには、救急医療だけでなく医学全般を基礎から学ぶ必要があります。その過程の中で、人の命の尊さやチームワークの大切さを学びます。

高度な医学知識を学び、学内外の豊富な実習でスキルを身につけます

器官別、病態別の高度な救急医学を学ぶとともに、さまざまなケースを想定した学内での実習をはじめ、近隣自治体の消防機関の協力による救急車同乗実習などの学外実習で実際を学びます。

大学病院の救命センターでの臨床実習、公務員試験対策、国家試験対策で学びを総まとめ

日本を代表する近隣の大学病院付属の高度救命救急センターで、約3か月間におよぶ臨床実習を行います。就職に向けては希望者の多い公務員試験対策を授業内で行います。最終目標である救急救命士国家試験に向けての対策も万全です。

救急救命士を
目指せる学校は

掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。