医療・医療技術系臨床検査技師

こんな仕事です:
さまざまな医科学的検査を行い、現代医療を支えているのが「臨床検査技師」です。
臨床検査とは、診療の手がかりにするために、血液や尿などの材料から情報を得たり、心電図や脳波のように直接生体から情報を得る医科学的検査です。この検査を担当するのが国家資格を取得した「臨床検査技師」です。

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. 医療の現場は日進月歩。現代医療に求められる臨床検査技術の新しい理論や技術を積極的に取り入れた授業!
  2. 授業は、理論を学ぶ「講義」と技術を習得する「実習」で構成。実習授業は入学直後から開始!
  3. 最終学年では病院検査部門での長期の臨地実習!

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

座学と基礎実習から、幅広い教養と臨床検査技術の基礎理論を学ぶ。

医療人に欠かすことができない倫理観、臨床検査技師に必要なハイレベルな知識と技術をバランス良く、確実に身につけるため、座学と実習によるカリキュラムが構成されています。

専門実習を通じて高度な臨床検査技術を身につける。

感染免疫系、形態系、生化学系、生理機能系など検査項目にあわせた4つの実習室で、高度な臨床検査技術を習得。各実習室には、高度な分析機器、超音波診断装置、脳波計、心音心電計、呼吸機能測定装置などが設置されています。

長期にわたる臨地実習と徹底した国家試験対策。

最終学年には、近隣の公立病院や大学病院などの検査部門で、長期に渡る臨地実習を履修します。実際の臨床検査技術を体験しつつ学びます。学内授業では、臨床検査技師国家試験に向けて、徹底した対策講義や模擬試験を行います。

臨床検査技師を
目指せる学校は

掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。