医療・医療技術系臨床検査技師

こんな仕事です:
最先端の医療検査法を用いてチーム医療に貢献し、病気の診断や治療方針の決定に重要な役割を果たします。
修文大学では、臨床検査技師として必要な知識・技術の修得だけではなく、医療科学者としての探求心を大切にし、ほかの医療チームから高く信頼される臨床検査技師を育成します。

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. 化学、生物学、物理学、数学などの基礎科目では、普遍的な科学の思考方法や考え方を身につけることを重視しています。
  2. 国家試験対策では、クラス担任と国家試験対策委員が責任を持って指導します。早い時期からの模擬試験も積極的に活用します。
  3. 病院実習は、一宮を中心に尾張・名古屋・岐阜地域を代表する基幹病院でより高度な検査技術が学べる質の高い実習を実施します。

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

探究心を大切にする臨床検査技師を養成します。

常に最新の医学知識や医療情報の収集に努め、それらを課題の認識や任務の遂行に活用できる力を身につけるため、主体的に学習する能力を重視。直面した課題の問題点を発見し解決策を検討できる、探究心を大切にする臨床検査技師を養成します。

学院内外の交流を活かしてチーム医療を実践できる力を養成します。

修文大学は医療系大学へと進化。看護学部・健康栄養学部を擁する大学としてチーム医療を実践できる人材の育成をしています。また名古屋大学医学部・大学院医学系研究科と包括連携協定を締結。人材交流や共同研究などの連携事業を推進していきます。

4年間の学修の集大成として「卒業研究」に取り組みます。

突き詰めたい研究テーマを見つけ、担当教員と共に研究を行います。文献検索や情報収集、実験、解析から発表までの一連の流れを経験することで、臨床検査技師としての知識を深めるだけではなく、社会人として必要な力も身につけます。

臨床検査技師を
目指せる学校は

掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。