建築・インテリア系多能工

こんな仕事です:
多能工とはデザインを理解し、さまざまな現場業務に精通している技能者のこと。
建築現場では多種多様な知識や技術、感性をも備え持った人材が求められています。デザイン知識と施工技術の両方を有し、建築家やデザイナー・職人と対等な立場で顧客の気持ちまでわかる感性を持った新しい職人です。

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. 個別指導(チュートリアル)授業での先生は、国際的に活躍する現役デザイナー。最先端の現場を知るプロから指導を受けます。
  2. 頭だけでなく手とカラダでデザインを理解していくことで独創的で現実的なデザインを提案できる力を身につけます。
  3. 身につけたデザイン力を使って社会の最前線にアイデアを届ける。企業とのコラボレーション授業を実施しています。

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

家具製作1「ひも椅子」 個別実習で学ぶ

家具を作るだけでなく、時代背景、デザインの納まりやデザイナーのこだわりを知り、平面と立体の関係性を知るために原寸三面図を読み込み、製作していきます。必要な手工具の使い方・木工機械の操作法・技術を実践的に学びます。

積算 建築・制作現場で必要な予算管理を学ぶ

職人・マイスターとして、経営していくために必要不可欠な予算管理について、原価の仕組みから図面の読み込みを習得するための科目です。工種・材料・部材取り・加工・発注等、施工管理業務(店舗内装)に基づき学びます。

木材を削り出すことで、手に馴染む形をつくる。

デッサンを行わず、木の塊に触れながら少しずつ削り、より手に馴染む美しい形を生み出す。感覚に重点を置いたものづくりやデザインプロセスを学習していく。

多能工を
目指せる学校は

専門学校 ICSカレッジオブアーツ
インテリアアーキテクチュア&デザイン科

  • 工学・建築のまなび
2021.03
掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。