医療・医療技術系診療情報管理士

こんな仕事です:
医療の質の向上や安全管理、病院の経営管理に貢献する専門職。今後、病院でもっとも求められる医療事務系の上級資格
診療記録を点検して、必要に応じていつでも使えるようにする「記録の管理」、診療情報データを項目ごとに分類する「情報の管理」、データベースから必要な情報を抽出・加工・分析する「情報の活用」があります。

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. 医療ビジネス薬科学を修得するために必要な基礎知識である薬学基礎科目、コミュニケーション、経営学などを学びます。
  2. 少人数対話型学習を行うことによって、コミュニケーション能力の向上をはかります。
  3. 教員との距離が近く、授業等で分からなかったことはすぐに質問できるような雰囲気になっています。

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

診療情報管理士の将来性

診療情報管理士がいることによって診療報酬点数がつく制度が存在し、病院などの医療機関から非常に高い需要があります。また、これからの医療のIT化に伴い、その知識をもっている診療情報管理士の将来性はかなり期待できるものとなっています。

薬学部ならではの専門知識を学ぶ

診療情報管理士取得のみの教育だけではなく、薬学のからの視点で、病気と薬に係る知識を学ぶことが出来ます。
また、試験対策講座も前期・後期・直前と3回行いますので、より安心した受験対策も行うことが出来ます。

診療情報管理士を
目指せる学校は

2021.05
掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。