公務員・法律系外務省専門職員

こんな仕事です:
言語・地域・分野の専門家として外交の現場で活躍するスペシャリスト外交官
外務省専門職員は、高い語学力を基礎に、関連する国や地域、また経済、軍縮、文化など専門分野のスペシャリストとして活躍することが期待される外交官です。

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. 希望者向けに「外交官養成セミナー」を開講。受講生専用の施設で、特別な指導が受けられます。
  2. 外務省専門職員採用試験の試験科目に合わせたクラスを提供。各分野・言語の基礎から、確実に学びを積み上げます。
  3. 現役外交官や在外公館勤務経験者を招いた懇談会を定期的に開催。実際の現場の様子を直接聞くことができます。

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

「外交官養成セミナー」で採用試験合格に向けた学修を積み重ねる

学部で開講されている正課の授業に加え、外交官になるために必要となるより高度かつ専門的な授業を受けることで、採用試験合格はもとより、その先を見据えた学びができます。

多彩な卒業生から、仕事の現場の話を直接聞くことができる

外交官をはじめ、国際協力、国際貢献の最前線で仕事をしている卒業生からレクチャーを受けることができます。卒業後、現場で即戦力として活躍できる力を養います。

外務省二等書記官(在フィジー日本国大使館)水谷正孝さん(2007年3月卒業)

「大使館は日本を代表して駐在国との交渉を行い、日本を広報する役割を担います。本国に対しては、現地で得た政治・経済などの情報を報告します。毎日同じ仕事をすることは少なくて、新しいことの連続です。」
水谷さんは人と国の間に立ち、友好関係を築く仕事にやりがいを感るとともに、自身に続く次世代に対して、「天理大学には、国際参加プロジェクトなど、世界に通じる扉が多数あります。身につけた国際感覚をぜひ世界で役立ててほしい。」と期待を寄せています。

外務省専門職員を
目指せる学校は

2021.05
掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。