事務・秘書系図書館司書

こんな仕事です:
図書館での専門的な業務として、本に限らず、さまざまな情報源を、それを必要とする人へとつなぐ仕事を行います。
図書館法に基づく国家資格として定められた「司書」の資格のもと、本に限らないさまざまな情報源を図書館にて把握・収集・整理し、貸出やインターネット端末を介した利用、また利用者のサポートなどの仕事を行います

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. 「図書館司書課程」があり、必要な科目を学内で学べます。それらの単位を取得すると、卒業時に司書の資格が得られます。
  2. 司書の資格は基本的に各地域の公共図書館向けですが、実際にはあらゆる種類の図書館で専門的な仕事を行うのに不可欠な資格です。
  3. 本に限らない、さまざまな情報の使い方・整理の仕方を身につけることで、情報社会を生き抜くのに必要なスキルを修得できます。

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

図書館司書課程を設け、司書の資格取得を目指します。

司書として身につけるべきスキルは、資料・情報の収集・整理の仕方、児童を含めた対人サービスの仕方、インターネットやデータベースにある情報のスムーズな検索の仕方、などさまざまです。これらのスキル習得に対応した科目を開講し、司書の資格取得を目指します。

情報社会を生き抜くためのスキルを身につけます。

情報社会は今後、いっそうの進展が見込まれますが、フェイクニュースなどの問題も深刻化しています。古代から資料・情報を管理する施設として運用されてきた図書館での専門的な業務とスキルは、情報社会を生き抜くための基本として活用できます。

情報を必要とする人へのサポートを行います。

子ども、学生、社会人、高齢者と、それぞれの年齢層に応じて、仕事や生活のためにさまざまな情報が必要とされます。図書館の内外にある多くの資料・情報から、有益なものを見いだし、人と地域・社会をサポートする仕事は、大きな魅力となるでしょう。

図書館司書を
目指せる学校は

2021.04
掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。