教育・保育・人間系日本語教員

こんな仕事です:
日本語教員は「外国語としての日本語」を教える教師。
日本語教員は、日本語教育機関で日本語を教える仕事です。日本だけでなく、世界のさまざまな地域に活躍の舞台があります。

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. 4年間でしっかりと知識・技術を身につけながら、卒業後に即戦力として活躍できる人材を目指します。
  2. 国内日本語学校や海外協定校での「日本語教育実習」で実践的なトレーニングができます。
  3. 音声・語彙・文法などの面から、日本語を言語学的に理解することができます。これは外国語を学ぶ際にも役に立ちます。

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

大学4年間で「日本語を教えるプロ」に!

日本語教師の公的資格創設も視野に入れ、卒業後に即戦力として活躍できる日本語教師養成を目指し専門的な学習の機会を提供します。4年次の日本語教育実習では実際に教壇に立って教えることで日本語教師の業務や心がまえを学びます。

日本語を知ることは外国語学習にも役立つ

日本語教師を目指す際に学習する日本語についての言語学的な知識は、日本語と外国語のどこが同じでどこが異なるかを理解することにもつながり、外国語を専門に学習している学生にとっては大きな助けになります。

ヒューマンアカデミー日本語学校(日本語教員) 中畝喜美さん(2019年3月卒業)

どうすれば学生に「これなら、わかる、できる!」と感じてもらえるような授業ができるか試行錯誤する日々を送っています。学生同士が日本語学習に積極的になってくれる姿を見ると、「もっと頑張ろう。」と力をもらえ、やりがいを感じます。

日本語教員を
目指せる学校は

2021.04
掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。