教育・保育・人間系保健体育科教員

こんな仕事です:
生徒の豊かな心・技・体を育む「体育・健康」の専門家
中学校・高等学校で保健体育の授業を通して、生徒が生涯にわたって心身の健康を保持増進し充実したスポーツライフを実現するための資質・能力を育成する仕事です。生徒の社会性や倫理観を高めることも求められます。

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. 「『できる』ようになる」をサポート:様々な実技の授業を通して技能向上を図り、示範能力が高まるよう指導します。
  2. 「教える」をサポート:体育・保健の模擬授業を通して、授業の実践力向上を目指します。
  3. 「保健体育科教員になる」をサポート:教育現場で採用されるための実力が身につくよう多方面から支援します。

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

「できる」ようになるための気づきや発見を促し、指導者としての資質を高めます。

武道(柔道・剣道)、ダンス、陸上、器械運動をはじめ、ゴール型・ネット型・ベースボール型スポーツなど、様々な実技の授業を通して、運動の特性や魅力に触れ、知識・技能を高めることを目指します。

生徒に「体育」と「保健」を指導するための実践力を養います。

体育の模擬授業においては、安全に配慮した授業づくり、運動が苦手な生徒へのアプローチ方法などについて学ぶことができます。また、保健の模擬授業では、生徒が興味・関心を持つための質問や発問の工夫、わかりやすい説明方法などを学習します。

中学校・高等学校の現場経験豊富な教員が採用試験に向けて手厚くサポートします。

授業以外においても個別の面接指導、合格者体験談、実技対策講座など、教育現場で採用されるための試験に向けてきめ細かな支援を行います。

保健体育科教員を
目指せる学校は

2021.03
掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。