教育・保育・人間系教員

こんな仕事です:
学校教育現場(小・中・高・特支)における児童・生徒への教育指導。幼児教育・保育。
学習指導要領に沿って授業を行うほか、生徒・児童の生活指導にもあたる。生徒・児童と触れ合い、成長を身近で感じられるのがこの仕事の魅力。保護者と接する機会も多く、幼児教育・保育では子育て支援も行う。

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. めざす資格と進路に応じ、学校教育コース、幼児教育コース、スポーツ健康科学コース、特別支援教育コースの4コースに分かれます
  2. 指導案作成や模擬授業、子どもの感性や創造性を引き出す評価・指導方法を学ぶなど、教育現場で活用できる実践力を養成します
  3. 教職アドバイザーによる手厚い支援体制と、学生と教職員からなる勉強会「つばさ」が教員採用試験合格に向け強力にサポートします

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

教員としての総合的な能力を備え、子どもの視点を理解できる小・中・高校教員を養成

知識に偏ることなく、社会性、価値観などの成熟した人間性を重視。教員としての専門能力と豊かな教養・人間性を身につけた小・中・高等学校教員を養成します。小学校での出張講座など教育現場での体験の機会も多彩

子どもの健やかな育ちを支え、保護者に信頼される保育士・幼稚園教員を養成

幼児教育の基本を学ぶ「保育原理」、絵の具・版画・折り紙等を使った「造形表現」など、保育・幼児教育のエキスパートを育てる多彩な授業を展開。さらに保育実習や教育実習を体験し、実践力を高めます。

中・高の保健体育科教員や小学校教員を養成。運動大好きな子どもを増やす方法を学修。

心身の健康や運動のメカニズム等を演習や実践を通して学修します。心身の発育発達やトレーニング方法、授業の進め方についても演習・実習・模擬授業を通して修得し、子ども達に応じた適切な指導について学びます。

教員を
目指せる学校は

掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。