デザイン・アート系デジタルアーキビスト

こんな仕事です:
デジタルアーカイブの企画、制作、活用方法を中心に写真や動画の撮影や編集、著作権処理を行います
情報社会が求める文化情報管理のプロフェッショナルです。
デジタル化についての知識と技術を学ぶだけでなく、著作権やプライバシーなどに配慮した、文化資料の記録・保存・管理を実践的に学びます。

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. デジタルアーカイブの企画、制作、活用方法を中心に、写真や動画の撮影・編集、著作権処理を学ぶ
  2. 図書館資料をデジタルアーカイブ化する能力を持つ新しい時代の図書館司書の養成
  3. 実物資料とデジタル資料の取り扱いや、展示やウェブサイトでの活用もできる学芸員の養成

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

情報を伝える技術「デザイン」も学ぶことができる

企業や自治体では展示用のポスターやパンフレットを社内で作成するようになりました。そのため、ポスターやパンフレット、WEBページの作成に必要な技術も学びます。また、イラストやアニメーション制作のノウハウも身につけます。

デジタルアーキビスト×デザイン

デザイン力は企業資料の活用に、デジタルアーカイブの知識や技術は企業資料の保管に、さらには災害防止にも役立ちます。そのため、デザイン力をもったデジタルアーキビストの需要が高まっています。

図書館司書+デジタルアーキビスト、学芸員資格+デジタルアーキビスト

図書館司書+デジタル・アーキビスト:図書館資料をデジタル化し、電子書籍にも対応できる能力を持つ新しい時代の図書館司書として活躍ができます。学芸員+デジタルアーキビスト:デジタル資料の取り扱いと、展示やウェブサイトでの活用ができる博物館学芸員として活躍ができます。

デジタルアーキビストを
目指せる学校は

岐阜女子大学
文化創造学部 文化創造学科 デジタルアーカイブ専攻

  • 社会・情報・マスメディアのまなび
掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。