介護・福祉系医療ソーシャルワーカー

こんな仕事です:
社会・心理・経済的な悩みに対応する医療現場の専門家
後遺症や医療費負担による家庭の経済状況の急変など、病気やけがは、時として生活に大きな影響をもたらします。このような問題を考え、患者様や家庭に対して支援を行う専門職が医療ソーシャルワーカーです。

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. 社会福祉士合格者数第1位(兵庫県下共学大学)
  2. 早期からのキャリア支援プログラムと学外での体験型の学びに注目
  3. 経験豊富で専門分野の研究に優れた魅力いっぱいの教授陣

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

医療と福祉の両面にわたる理解を深め、従来の枠組みを越えた支援を可能にする

「認知症高齢者」は、高齢者という福祉の領域で考えるべきか?あるいは、認知症という医療の領域で考えるべきか?ここに、医療と福祉の両面を学ぶことの大きな意義があります。今の世の中は福祉や医療という単独の視点ではとらえきれない複雑な課題がたくさん生まれ、この分野には大きな期待が寄せられています。

地域社会を学習の場にするコミュニティ・アワーで広い視野で福祉を考える

教室を飛び出して、自分たちが暮らす住む社会と直接ふれあい、福祉実践の基である“コミュニティ”を実際に観察し、得られる経験を通して“社会福祉”とは何かを考える授業。開学以来続く社会福祉学部の看板授業です。

次代を担う福祉リーダー育成プログラム「福祉インターンシップ」

未来の福祉業界をリードする実践力と発信力をもった人材を送り出すという使命の元、正規のカリキュラムとは別に「福祉インターンシップ」を設けています。各学年の段階に応じた実践体験をすることで大学生活の早い段階からキャリアを育て適切な進路選択を促します。

医療ソーシャルワーカーを
目指せる学校は

関西福祉大学
社会福祉学部 社会福祉学科

  • 社会・情報・マスメディアのまなび
  • 人間・教育・福祉のまなび
  • 医療のまなび
  • スポーツ・健康科学のまなび
掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。