建築・インテリア系CADオペレーター

こんな仕事です:
コンピューターの図面作成ソフトを使い、建築・インテリアなどの図面を作成する専門家。
CADソフトを使って設計・製図を作成します。インテリアデザインや設計の知識を持ち、クライアントの意図や要望を具現化する技術力と理解力、コミュニケーションスキルや集中力、正確さも必要となります。

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. 多くの設計事務所で採用されているCADソフト「Vectorworks」の操作技能を基礎からきちんと教えていきます。
  2. 実務レベルである3DCG、BIMも授業の中で教えていくので、CADオペレーターとして活躍できるレベルまでスキルアップできます。
  3. 授業ではCADだけでなく、写真画像加工ソフトやグラフィックデザインソフトの使い方もマスターしていきます。

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

授業は「CAD1」「CAD2」「CAD3]の3つで構成されています。

「CAD1」ではPC、CADソフト、写真加工ソフトの基本操作に加え、授業課題で必須となるプレゼンテーションボードの表現方法も修得していきます。

授業は「CAD1」「CAD2」「CAD3]の3つで構成されています。

「CAD2」では「VectorWorks」2D応用操作、3D基礎操作を勉強します。

CADオペレーターを
目指せる学校は

専門学校 ICSカレッジオブアーツ
インテリアアーキテクチュア&デザイン科

  • 工学・建築のまなび
2022.03
掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。
学校公式サイト