理学・工学・情報系データサイエンティスト

こんな仕事です:
さまざまな意思決定の局面において、データにもとづいて合理的な判断を行えるように意思決定者をサポートする
ビッグデータなどから必要な情報を収集、抽出するプロフェッショナルです。大量データの分析後は、ビジネスの状況改善に向けた施策立案も行います。米国では将来性のある職業1位になっています。(2018)

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. ビジネスパーソンに必要なスキルを学ぶカリキュラム!
  2. AIや統計解析、機械学習アルゴリズムなどの高度な知識で企業方針の意思決定に貢献するデータサイエンティストになる
  3. 就職率98.1%!理想の就職に導くための就職サポート制度

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

ビジネスパーソンに必要なスキルを学ぶカリキュラム!

文章作成力やプレゼンテーションスキル、簿記会計などの技術や知識に加え、プログラミングや経営に関するカリキュラムを準備。あらゆる産業分野で幅広くIT業界に対応する力が修得できます!

AIや統計解析、機械学習アルゴリズムなどの高度な知識で企業方針の意思決定に貢献

データ分析の技術の基礎である統計解析や数理モデルをもとに、AI(人工知能)やデータ可視化技術などの高度な知識を応用して、市場動向の把握や経営陣の意思決定を支援するアプリケーションシステム構築について学びます。

卒業生が最先端

KCGがこれまでに輩出した卒業生は約5万人。大学を含めた日本の情報系教育機関として最多の数字を誇っています。
卒業生の活躍の場は、大手ITベンダーやゲーム業界、IT化が進む医療分野、教育分野など多岐にわたっています。

データサイエンティストを
目指せる学校は

掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。