調理・栄養系管理栄養士

こんな仕事です:
生きる基盤である「食」の専門家。健康保持や疾病者への療養に必要な栄養指導、給食管理などを行う。
「食と栄養」「咀嚼・嚥下」に関する高い専門性を有し、未来を見据え「チーム医療」の能力を持った、管理栄養士を育成。

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. 医療現場での活躍を想定した実習や実験を数多く経験。「食と栄養」「咀嚼・嚥下」に関する高い専門性を身につけます。
  2. 4年次には国家試験対策を本格化させます。合格の実力がつくまで20回程度の模試や補習などを行います。
  3. 看護学科との連携授業・実習を通してチーム医療を学びます。未来を見据え、チーム医療現場での実践力を養います。

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

健康維持の観点から、口腔機能の基礎を学びます

健康維持と口腔ケアや嚥下との関わりを考えながら、口腔機能が全身に及ぼす影響、特に認知機能やストレス反応、脂質代謝、運動機能などについて学びます。口腔機能の基礎を総合的に身につけます。

給食をマネジメントする実践力を磨きます

学内の給食施設で献立づくりから調理、衛生検査、栄養指導まで給食の各業務を行い、仲間と協力し合いながら、給食のマネジメントを実践。大量調理に欠かせない調理機器が充実。どのように安全な食事を提供していけばよいのかをしっかりと学べます。

臨床栄養管理の実践力を養います

栄養アセスメント(臨床診査、臨床検査、身体計測、栄養・食事調査)を実践して、栄養管理の一連の流れを理解します。的確な評価ができるようになること、さらに疾患別の栄養管理計画を作成できるように体系的に学びます。

管理栄養士を
目指せる学校は

名古屋女子大学
健康科学部 健康栄養学科

  • 医療のまなび
  • 食物・栄養のまなび
掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。