デザイン・アート系パタンナー

こんな仕事です:
デザインを洋服のカタチにするプロ。
デザイナーの描いたデザイン画をもとに、デザイナーのこだわり・イメージを型紙していきます。縫い代や立体的な部分を計算し、着心地の良さまでを想像して製図する能力やセンスが求められています。

目指せる!指導・サポート
3つのポイント!

  1. 最先端で服を設計する
  2. 企業と協力した演習科目
  3. 感性を高める、ヘアメイクアーティストとのコラボ

目指せる教育教育内容をもっと詳しく

最先端で服を設計する

CAD&3Dを駆使して個人の体型にフィットさせた洋服づくりを通して、即戦力を養うために技術を磨き上げていきます。パターンと素材をしっかり把握しながら、人体工学的な観点で衣服を設計していきます。

企業と協力した演習科目

企業から提供される特殊素材を利用して、ベストやスカートを制作します。特殊素材の扱い方を学び、3次元計測器を使用して、人体形状を調査することによって科学的にパターンを分析します。

感性を高める、ヘアメイクアーティストとのコラボ

TV番組や専門学校で指導している佐藤直雅氏による講演会を開催しています。プロのヘアメイクを学習することによって感性を高めます。ファッションにとってのヘアメイクとは何かを学ぶことができます。

パタンナーを
目指せる学校は

掲載している情報は、
掲載校より寄せられた内容に基づいております。